歯科医師募集

あなたはこれからどんな歯科医師になっていきたいですか?
あなたには夢や目標がありますか?
あなたはどんな歯科医院で働いていきたいと思いますか?

歯科医師募集しんくら歯科医院の院長、藤井秀紀です。

現在、しんくら歯科医院では歯科医師を募集しています。『この歯科医院で働いてみたい!』と思われる方、ご興味のある方は、ぜひ下記の文章をお読みください。

歯科医師を募集していますが『歯科医師免許を持っていれば誰でも良い』という訳ではありません。当院の理念を理解し、当院のチームメンバーと共に高め合える方でないと、一緒に仕事をしていくことはできません。

『このような先生と一緒に働いていきたい』という具体的内容は以下のとおりです。

【当院の歯科医師であることの条件】

1.勉強好きであること(向上心があること)

どんな物事もそうですが「このことを学びたい!」「もっと成長したい!」という勉強好きな一面を持っていないと、その分野で成長することは難しいと思います。

あなたも最初から自転車に乗れた訳ではないと思います。しかしなぜ乗れるようになったのでしょうか。それはあなたが「乗れるためにはどうすれば良いのか」ということを常に思考錯誤されていたからではないでしょうか。

歯科医療もまったく同じです。

「もっと治療がうまくなりたい」「もっと治療のスピードを速くしたい」という目標を達成するためには「どうすればそれが達成されるのか?」を常に考え、実践するためには『勉強好き』であり『向上心を持つ』ということなのです。

2.協調性があること

冒頭でもお伝えしたとおり、歯科医院は「チーム」で構成されています。 当院は、職種によって態度や接し方を変えることは決してありません。職種を問わず共に成長し、尊敬し合えるチーム作りが、私の理想とするチームです。

よって「君達はメンバーなんだから、私の言うことを黙ってやっていれば良いんだよ!」という姿勢の先生は、当院で働いていくことはできません。そのような姿勢では、メンバーは決して先生についていこうとしませんから。

3.患者さん、当院メンバーに対して思いやりを持って接することができます

歯科医師募集歯科医療は「サービス業」です。

当然ですが、患者さんのお財布から出るお金によって私たちは仕事を続けていける訳ですし、生活をしていけるのです。その気持ちがあったら、患者さんに対してぞんざいな態度は決して取れません。メンバーに対しても同様です。

私が治療に専念できるのは、職種を問わず、メンバーが私を支えてくれるからです。言い方を変えれば、メンバーの支えなしに治療することはできないのです。よって、メンバーに対して思いやりを持つことは当然である、と私は考えます。

以上3点が、私があなたに求める条件です。次に、当院で働かれる10のメリットをお伝えします。

メリットその1
いわゆる「普通の歯科医院」を目指しません

当院はいわゆる「困ったときだけ来院してもらう歯科医院=利便性追求型歯科医院」を目指しておりません。「家から近いから」「夜遅くまで診療しているから」という理由で選ばれる歯科医院には、必ず限界があります。そのような歯科医院ではなくて「私は●●先生に診てもらいたいから、この歯科医院に来ている」「私はしんくら歯科医院だから定期的に通っている」と患者さんにおっしゃっていただけるような歯科医院を目指しています。 そのためにさまざまな取り組みを行っており「しんくら歯科医院に行くと、楽しい気持ちになれる」そんなふうに患者さんからおっしゃっていただくことが、私たちの喜びです。

メリットその2
床矯正に力を入れており、すでに1,500症例以上の実績があります

「本格的な矯正は、費用面でなかなか決心がつかなくて...」そんな患者さんの声を特に最近良く聞くようになりました。当院では以前から床矯正に力を入れており、現在までに既に1,500症例以上の実績があります。当院で働くことによって、床矯正の技術を習得することが可能です。院長は「床矯正研究会」に所属しておりますので、最新の床矯正に関する事例や情報収集をすることも可能です。ぜひ当院で床矯正を学びませんか?

メリットその3
担当衛生士制で、予防歯科に力を入れている

今後の歯科業界では、ますます「予防」に対する技術の習得、情報収集が必須となってきます。しかしまだまだDr処置の合間に手の空いた衛生士がスケーリングを行うなどの医院が多いのです。当院ではDr枠とDH枠は分離されており、患者さんはDrの治療はもちろんのこと、DHによるP処置、メインテナンスのために来院するのです。将来的にあなたが開業する際、予防をきちんと学んだかどうかで開業後の展開が変わってくると言っても過言ではありません。ぜひ勤務医のときに、予防に対する知識を深めておくことをオススメします。

メリットその4
和気あいあいとしたチームメンバー

歯科医師募集歯科医院の中には、何十年も勤務しているいわゆる「お局衛生士」が医院の実権を握り、勤務医の方々も衛生士の顔色を伺いながら診療にあたる...なんて医院もあると聞きます。ですが、当院においてはそんな事は一切ありません。ご安心ください。

あとでも触れますが、当院では「メンバーの仲の良さ」を非常に重要視しています。歯科医院は少数の人員で構成されている組織ですから、一人ひとりの影響力が良い意味でも悪い意味でも大きくなりやすい業種なのです。その業種の中で、雰囲気が悪いチームが、果たして良い医療を提供できるでしょうか?

言葉にせずとも、雰囲気の良し悪しは患者さんに必ず伝わります。当院では「スマイル&コミュニケーション」をコンセプトに掲げておりますが、それは何も患者さんに対してのみ言えることではありません。院長とメンバー、メンバー同士でもこのコンセプトを大切にしています。

メリットその5
チームを組んだ症例検討会の実施

「チーム医療」という言葉があるように、歯科医院においてもさまざまな職種が関わりながら処置しています。チーム間の連絡事項をスムーズにすること、お互いを尊重し合うこと、各職種による視野を把握することなどを目的として、当院では定期的にチームを組んで症例検討会を実施しております。

さまざまな職種により行われる検討会ですので、1つの視野に固まることなく、非常に柔軟な視野が身に付くと同時に「この症例において、Drはこのように考えるんだな」「DHはこのような観点でその症例を診るのか」など、職種間の相互理解にもつながりますので、この症例検討会は非常に意義があります。ぜひあなたもこの勉強会のメンバーに加わってみませんか?

メリットその6
技工所メンバーをお招きした院内セミナーの実施

きっとあなたも「保険点数は下がることはあっても、上がることはない」と言われているのを耳にしたことがあるでしょう。その中で収入を維持・向上させていくためには、どうしても自費率を上げていくことが医院経営上で必須となります。しかしそもそも私たち医療従事者が自費診療についての良さやメリットを理解していなければ、患者さんに自費診療の価値を感じていただくことなど到底無理です。このような理由から、当院では定期的に技工所メンバーをお招きして、自費診療についての院内セミナーを開催しております。

メリットその7
院長が外科出身なので、難抜歯なども院内で対応可能

「特に外科処置を学んでいきたい!」と思われる方は多いでしょう。当院の院長は『岡山大学歯学部卒業後、岡山大学付属病院第一口腔外科へ入局し、主に外科処置について研修を積んだ』という経歴の持ち主ですので、これまでにかなりの外科処置のキャリアを持っています。ですので、通常大学病院へ転院していただくことを検討しなければならないような難抜歯でさえも、当院内で対応可能な場合がほとんどです。あなたも将来的に開業をお考えであれば、ある程度は自分の医院内で対応できるくらいの知識・技術が必要です。そういう意味でも、当院長から外科処置についてのレクチャーを受けられることは、非常に意義あることだと思っております。

メリットその8
積極的に他院へ見学に行けます

1つの歯科医院に勤める中で、ほかの歯科医院へ見学に行くことは想像以上に困難です。しかし当院はさまざまなセミナーや勉強会の積極的な参加により、要請次第で見学を受け入れてくださるたくさんの医院様とのネットワークがあります。ぜひあなたにもたくさんの歯科医院様へ見学に訪れていただき、世界観を広げてほしいと思っております。

メリットその9
さまざまな勉強会で積極的に意見交換をしています歯科医師募集

当院長は「CHP研究会」「床矯正研究会」「Well-being」「JIPI」「SJCD」などのさまざまな勉強会に所属しております。このような勉強会に積極的に参加することで、多くの情報収集はもちろんのこと、さまざまな人脈が広がります。このようにして作り上げた人的ネットワークは、必ずやあなたの将来の財産になることでしょう。ぜひ勤務医のうちから、このようなネットワークを築かれることをオススメします!

メリットその10
経営セミナーに参加しているので、開業前から経営ノウハウが習得できます

当院では、院長はもちろん、メンバーも、定期的に開催される歯科医院経営に関するセミナーに参加しています。このような経営の勉強は、大学はもちろん、勤務先の歯科医院でもなかなか学ぶことが困難です。つまり私たち歯科医師は、通常自分が開業するときになって、初めて真剣に経営の勉強をし始めるのです。しかし現在日本全国にコンビニエンスストアが40,000件あるのに比べ、歯科医院は67,000件も存在しているという非常に競争の激しい業界です。この現状の中で勝ち残る方法は「いかに勤務医の頃から医院経営を勉強していたか」に尽きるのではないでしょうか。ぜひあなたも、自分の将来のために、早いうちから医院経営についての勉強を始めることをオススメします。

ここまでお読みいただき「この歯科医院で働いてみたい!」と思われた方は、 ぜひ下記フォームよりお申込みください。あなたと出会い、そして共に成長できる日が来るのを楽しみにしています。

メールフォームはこちら


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております