普通の歯科医院ではない歯科医院を目指しています

院長あいさつ

こんにちは。しんくら歯科医院・院長の藤井秀紀です。
みなさんは、歯科医院に対してどのようなイメージをお持ちですか?「痛い」「怖い」「行きたくない」などが、これまでの歯科医院のイメージでした。当院では、従来の歯科医院のネガティブなイメージを払拭した、歯を削ったり抜いたりしない、予防を中心とした、患者さんに喜んでいただける歯科医院を目指しています

私は勤務医時代、虫歯や入れ歯の治療からあごの骨を骨折した人の手術まで、色々な症状の患者さんを診てきました。でも、せっかく治しても、新たな虫歯や歯周病になったり治療した歯が悪くなったりする方も多く、治療後の再発を避けたいと考えていました。「悪くなってから治療をするのではなく、その前に、悪くならないための手を打とう」そう考え、予防歯科に力を入れることにしたのです。

しかし、当時は誰もが「歯科医院は治療をするところ」と思っていた時代。私のような考え方をする歯科医師はそう多くはありません。患者さんにメインテナンスの案内をすると「治療が終わったのに何をするんですか?」とよく言われました。

ようやく予防歯科が当たり前の時代になり、予防の大切さを理解されている患者さんが増えてきました。当院のスタッフが歯の健康をサポートいたしますので、みなさんのご来院をお待ちしています。

手先が器用でロケットエンジニアに憧れた少年時代

院長あいさつ当院のある場所には、以前父の経営していた町工場がありました。父の影響があったのかもしれませんが、子どもの頃はプラモデルに夢中になり、戦車や車、飛行機など、色々な物を作る手先の器用な子どもでした。そのため小学生の頃はロケットエンジニアに憧れていました。

中学・高校時代は、父の工場を継ぐため工学部を目指していましたが、高校3年生のときに志望を医学系に変え、手先の器用さもあって歯学部に入学することとなりました。

歯科医師の自覚が芽生えた実習時代
専門課程に進み、実習が始まると、今までとは違った楽しさを感じるようになりました。今はシステムが違いますが、当時の歯学部は、最終学年になると患者さんを受け持つようになり、厳しい指導教官の指導を受けながら治療を進めます。

実際に治療をするわけですから、学生気分は抜けていきます。こうした実習のおかげで、歯科医師としての自覚が少しずつ芽生えていきました。先進的な授業が多い大学で、今になって当時の教授の偉大さがよくわかるようになりました。

卒業後は、岡山大学病院の口腔外科や総合病院の口腔外科・一般歯科診療で経験を重ね、6年目にして当院を開院いたしました。

生涯にわたり歯の健康をサポートします

院長あいさつ当院では「来院者の生涯にわたる健康づくりをサポートする」ことを目指しています。これは、私が所属しているCHP研究会の理念を基にした考え方で、その核となるのが患者さんとのコミュニケーションです。コミュニケーションを育みながら、患者さんの抱えている背景を探り、患者さんとともに目標を立て、歯の健康を生涯にわたってサポートしていきます。

治療では、専門家として、お口の中全体を考えた包括的な治療をおすすめすることもあれば、患者さんとじっくりと向き合いながら経過を見守ることもあります。提案内容は個々に異なりますが、患者さん一人ひとりの考え方を尊重していますので、治療を押し付けるようなことはいたしません。

たとえどんな治療方法を選ばれたとしても、患者さんが「歯を大事にしたい」という気持があれば、私たちもその想いに応えるために、最大限の努力をいたします。

自慢の楽園スペースで歯も体もリフレッシュしてください

院長あいさつ当院の自慢の1つに楽園スペースがあります。楽園スペースはメインテナンス専用エリアで、診療室の趣とがらりと変わり、落ち着きのある空間が広がっています。このエリアは、メインテナンスやカウセリングだけを行うスペースです。歯を削る治療は一切行いませんので、診療スペースと雰囲気を大きく変えたのです。

ブラウンを基調にしたシックな待合室や、地中海のホテルを思わせるような内装とアロマの香りに包まれる中で、ワンランク上のお洒落なデンタル・エステ、そんな気分に浸っていただける空間です。

治療中の通院は、辛いときもあったことでしょう。ようやく辛い治療も終わったら、予防ルームは完全個室ですので、歯科衛生士とお喋りを楽しみながらお口の中と心をリフレッシュしてください。これからは、楽園スペースで心地良いメインテナンスを受けていただきたいと思います。

地域のみなさんと交流を深めるイベントを行っています

院長あいさつ当院では、地域の子どもたちに虫歯予防の大切さを伝えるため、地域の子育てクラブに出張して虫歯予防教室を開いています。虫歯のお話しをしたり、お芝居をしたり、歯磨き指導をしたり。スタッフも、お子さんたちの笑顔から元気をもらっています。

このプロジェクトの発案者は、スタッフの1人です。「子育てクラブに虫歯予防の話をしに行ったらどうですか?」という、何気ない一言がきっかけとなり、スタッフ全員で取り組むようになりました。お子さんたちの前で演じるお芝居のストーリーも、スタッフ同士で考えたもの。診療の合間を縫って練習をしているようです。

このほか、イルカムクラブのイベントをはじめ、四季折々のイベントを企画し、患者さんとの交流を深めています。みなさんも、お時間がありましたらぜひご参加ください。

院長プロフィール

院長あいさつしんくら歯科医院 院長 藤井 秀紀(ふじい ひでのり)

【学歴】[全部書いちゃいました](^o^)/
こばと保育園
学校法人淳心学園海星幼稚園
倉敷市立玉島長尾小学校
倉敷市立玉島北中学校
岡山県立倉敷青陵高等学校
岡山大学歯学部
岡山大学歯学部第一口腔外科学講座

【職歴】
岡山大学歯学部付属病院第一口腔外科
香川労災病院歯科口腔外科
積善会新居浜十全総合病院歯科口腔外科
しんくら歯科医院開業

【所属学会・研究会・勉強会】
日本口腔外科学会
日本小児歯科学会
日本口腔インプラント学会
CHP研究会 (副代表 2008-2011年)
床矯正研究会
JIPI(Japanese Institute of Periodontology & Implantology)
福岡SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)

【その他活動歴】
岡山大学歯学部同窓会理事(2012年まで)
岡山県歯科医師連盟評議員(2007,2008年)
玉島歯科医師会会館運営部理事(現職)
玉島青年会議所環境渉外委員長(2005年)
長尾学区子ども会育成会会長(2006,2007年)
玉島祭り総合司会(2006年)


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております