床矯正 Kさん 12才

症例症例症例
次へ
症例症例症例

治療費 約35万
動的治療期間 約2年
治療内容 上下とも可撤式拡大床を2個ずつ使用し拡大後閉鎖型保定装置にて保定。動的治療後バイオセラピーに移行。

床矯正のリスク
・装置によるメカニカルな拡大だけでなく、バイオセラピーを行わないと咬合が不安定になる。
・装着時間とネジを巻くことに結果が依存するので本人と周囲ががんばらないと進まない。
・犬歯、側方歯群が萌出するまでにメカニカルな治療が終了しないと2次矯正が必要になる。
・装置の破折が起こることがあり、修理の間治療が中断するので、度々壊す子の場合治療が進まない。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております