口腔外科の経験を活かした親知らずの抜歯

口腔外科当院の院長は、大学病院で口腔外科医として勤務し、埋伏歯(埋まっている歯)や複雑に生えている親知らずなどの難しい抜歯や小手術などを数多く行ってきました。また抜歯だけでなく、口腔内の癌の治療や交通事故であごの骨を骨折した方の手術など、開業医では体験できない難易度の高い症例を数多く診てきました。当院でも、こうした経験を活かして、親知らずや埋伏歯の抜歯を行っています。

なぜ、親知らずの抜歯は難しいの?
親知らずは、通常の歯に比べると複雑に生えています。特に骨の中に埋まっている場合、神経や血管が近くに通っていることもあり、一歩間違えれば神経や血管を傷付け、大出血や神経障害を起こす危険もあります。こうしたリスクを避けるには、ドクターの診断力と技術力が不可欠です。

親知らずの中には真っ直ぐに生えているものもありますので、すべての抜歯が難しいわけではありません。とはいえ、経験の浅いドクターや設備の整っていないクリニックでは、複雑に生えている親知らずの場合は万全を期して、設備の整った病院や経験豊富なドクターに紹介するのが一般的です。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております