口腔外科とはどのような診療科ですか?

口腔外科とは「口腔外科」はあまりなじみがない言葉ですが、インプラント手術を思い浮かべれば、何となくイメージが湧いてくると思います。

口腔外科とは、お口の中をはじめあごや顔面などのお口周辺の病気を診断したり治療したりする診療です。身近なところでは、親知らずの抜歯や口内炎、顎関節症の治療、インプラント手術などがあります。

口腔外科で扱う診療は、重度の歯周病など歯が原因のものや口腔癌などのお口の中の病気、交通事故やスポーツなどによる怪我、神経性疾患や口臭症状などの内科的な疾患まで含んでいます。

<口腔外科で扱う疾患>
●埋伏歯
親知らずや歯が生え揃わないなどの、あごの骨の中に埋まった歯の診断と処置

●顎関節症
あごを動かすときの痛みや違和感など(矯正医と連携することもある)

●口腔内の粘膜の異変
口内炎や唇、舌などの腫れや炎症など

●外傷
交通事故などで起きた口腔内の怪我や歯の破損、あごの骨の骨折など

●小帯(唇と歯ぐきの間にある筋)の異常
上あごまたは下あごにある、唇と歯ぐきの間にある筋が短い、あるいは長いなど

●奇形・変形
口唇裂など唇の一部に裂け目がある場合や、先天性のあごの骨の変形など

●味覚障害
飲食物の味がしない、本来の味がわからないなど

●神経疾患
顔面麻痺や顔面神経痛など

●その他
口臭、口腔乾燥症など


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております