根管治療

根管治療

●歯を噛み合わせたときに痛みがある
●何もしていないのに、歯がずきずきとする
●歯ぐきに腫れがあり、指で押したときに痛みがある
●冷たい物や熱い物を食べると、歯が痛くなる

あなたの歯は大丈夫ですか?もしこうした症状があれば、虫歯が神経に達している恐れがあります。そのままの状態にしておくと、やがて症状は悪化して、歯を抜かなければならなくなります。神経にダメージを受けている歯は、根管治療を施すことで守ることができます。

根管治療とは根管治療
細菌が象牙質を越えて歯髄周辺に達すると、神経が炎症を起こして強い痛みを伴います。やがて細菌に侵された神経は壊死してしまいます。さらに悪化して細菌が根に到達すると、根の先に病巣(根尖病巣・こんせんびょうそう)を作ります。この段階になると、通常の治療では完治は望めません。こうした最悪な状態の歯を救う処置が根管治療です。

根管治療とは、痛みや細菌に侵された神経、根の先にできた病巣を取り除いて、歯の状態を安定させるために行う治療です。非常に難易度の高い治療ですが、抜歯を必要とするケースでも、根管治療を施すことで歯の寿命を引き延ばすことができます。抜歯しか方法がない歯を救える唯一の治療とも言えます。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております