歯が抜けたときの治療法

歯を失ったあとの選択肢には「そのままにしておく」「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の4つがあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

そのまま放置する
放置している間に、今まで噛み合っていた歯が噛む相手を探して伸びてきたり、周囲の歯が歯周病や虫歯になりやすくなったりします。

入れ歯歯が抜けたときの治療法
取り外しができる人工歯で、残っている歯に針金をかけて固定させます。短期間で治療が終わり、歯を削る量も比較的少なくてすみます。しかし、安定性に欠けるため違和感があり、ズレたりガタついたり、外れたり噛みにくかったりすることがあります。

ブリッジ歯が抜けたときの治療法
ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして人工歯を被せる治療です。固定式なので取り外したり装置を洗ったりする必要はありませんが、健康な歯を削らなければなりません。また、噛みしめたときに2本の歯に負担がかかるため、結果として歯の寿命を縮める恐れがあります。


インプラント歯が抜けたときの治療法
インプラントとは、抜けた歯の変わりにチタン製の人工歯根をあごの中に直接埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療法です。入れ歯のような不安定さやブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。自然の歯のような安定した噛み心地を得られます。

<インプラントのメリット>
・安定した噛み心地で、何でもよく噛める
・天然の歯のような自然な美しさがある
・健康な歯を痛めたり傷付けたりしない

<インプラントのメリット>
・治療には手術が必要
・治療費が高額になる
・全身疾患や骨の量が不足している場合などは、適応できないことがある


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております