位相差顕微鏡を使った、目で理解する歯周病

歯周病治療お口の中には、虫歯や歯周病を引き起こす500~700種類もの細菌が生息しています。そのうちの1つに、スピロヘータ(らせん菌)という細菌があります。これは歯周ポケットの内部に生息する歯周病の原因菌です。しかし、肉眼では確認できません。こうした眼に見えない細菌を確認するために使用するのが位相差顕微鏡です。

当院では、歯周病治療の大切さを知っていただくために位相差顕微鏡を導入し、お口の中に生息する細菌の状態を実際に確認していただいています。

歯周ポケットの内側に付着しているプラークを採取してガラスのプレートに乗せます。それを位相差顕微鏡に設置すると、モニターに映し出された、らせん状に動くスピロヘータを確認できます。

スピロヘータの数が多いほど、歯周病の症状は重くなります。歯周病治療では、スケーリングや歯石取りなどを行いながら、原因菌をコントロールしていきます。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております