当院の歯周病治療

歯周病治療の基本は、歯周病の原因となる細菌の除菌です。原因となる歯周病菌は、プラークを住処として生息しています。歯のクリーニングやPMTC、スケーリングなどを行って、歯の表面や歯ぐきの境目の歯垢、歯周ポケットの内側の歯石などを徹底的に除去します。ほとんどの場合、数回の清掃で歯周病が改善されます。

なお改善が見られない場合は、麻酔を施して歯周ポケットの奥深くに付着している歯石を取り除くこともあります。

スケーリングスケーリング
スケーリングとは、歯の表面に付着した歯垢や歯石を取り除いて、お口の中の衛生を保つ治療方法です。歯に付着した歯垢をそのままにしておくと、やがて硬くなって歯石になります。歯石は毎日の歯磨きでは落とすことができません。歯石の上にプラークが付着すると落ちにくく、歯周病の原因にもなりますので、スケーリングで除去します。歯石は時間経過とともに再び形成されますので、定期的にスケーリングを受けることをおすすめします。

歯周病治療の流れ
STEP1 歯周病検査
お口の中の状態を診査します。
歯周基本検査(または歯周精密検査)を行って、歯肉の状態を確認します。

次へ
STEP2 資料集め
診断に必要な資料を揃えるために、口腔内写真やレントゲン撮影を行います。

次へ
STEP3 ご説明
検査結果などをもとに、現在の歯の状態や、それを改善するために必要な治療についてわかりやすく説明いたします。また、検査データをまとめた資料をお渡しいたしますので、お持ち帰りいただけます。

次へ
STEP4 お口の中のクリーニング
スケーリングやPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を行って、お口の中の汚れや歯石をていねいに除去します。併せて、ご自身でも口腔ケアをきちんと行っていただくために、患者さんに合ったブラッシング指導をいたしますので、ご自身でお使いの歯ブラシをお持ちください。

次へ
STEP5 再検査
お口の中の状態を調べ、歯肉の状態が回復しているのを確認できれば歯周病治療は終わります。状態が改善されていない場合は、歯肉の深いところの掃除や細菌の除去手術、歯周再生療法、保存不能歯の抜歯が必要なこともあります。

次へ
STEP6 メインテナンス
歯周病を改善したあとは、歯の健康を維持・管理するために、定期的なメインテナンス(定期検診)をおすすめしています。検診期間は患者さんの歯ぐきの状態に合わせて、1~6か月に一度のご案内をしています。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております