床矯正とは歯を抜かない矯正治療です

矯正歯科歯並びが悪くなる原因には色々な要素がありますが、その1つに、歯とあごのアンバランスがあります。その多くは、あごの骨の発育不足です。あごの成長が十分でないために歯が生えてくるスペースがなくなり、歯並びが悪くなります。こうした問題を解消する矯正法が床矯正です。

床矯正とは、あごの骨を広げて歯が生えるスペースを確保するための治療です。取り外し式の床矯正装置を装着して、あごの骨を広げています。あごの成長を利用した治療法ですので、お子さんに負担を与えずに歯並びの問題を解決できます。

<床矯正のメリット>
・歯を抜かずに矯正治療ができる
・床矯正装置の取り外しが簡単にできる
・治療費を抑えることができる

<床矯正のデメリット>
・きちんと装置を装着しないと、良好な治療結果を得にくい
・装置に慣れるまで違和感がある
・複雑な歯並びには適応できないことがある


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております