床矯正について教えてください!

Q. いつ頃から始めたら良いのですか?
A. お子さんの発育の度合いによって差がありますが、一般的には乳歯が抜けて永久歯が生える前の時期に始めるのがベストです。小学校入学前後の7~8歳頃を目安に考えると良いでしょう。反対咬合は4~5歳頃から始めます。良好な治療結果を得るには、治療を始めるタイミングが重要です。適切な時期を逃さないためにも、お子さんの歯並びが気になる方は専門医に相談してください。

Q. 治療期間はどのくらいですか?
A. 歯並びの状態によって異なりますが、一般的には1年から2年ぐらいで治療が終わります。あごを広げる目安は1か月に1mmを目標とします。歯の移動は1週間に1mm程度です。

Q. どのくらいの間隔で通院が必要ですか?
A. 1~2か月に1回ほど通院していただき、お口の中の状態を確認します。ただし、複雑な歯並びの場合やお口の中のクリーニングが必要なときは、通院間隔が短くなることもあります。

Q. 抜歯をしなくても良いのですか?
A. 乳歯列前期に開始すれば、ほとんどの場合抜歯は必要ありません。床矯正はお子さまのあごの発育を利用した治療法です。あごの骨を拡大して正しい位置に永久歯を誘導します。歯が収まる十分なスペースを確保できるので、抜歯をしなくてもすむのです。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております