虫歯をなくす3つのポイント

小児歯科虫歯の原因は、お口の中にいるミュータンス菌です。ミュータンス菌は、食べ物に含まれている糖分をエサにして増え続けていきます。このとき酸を吐き出しますが、この酸が歯の表面を溶かして虫歯になるのです。

虫歯予防のポイントは「糖分を上手にとる」「歯を強くする」「細菌を断つ」の3つです。3つのポイントを知り、日常生活の中で上手に取り入れていけば、虫歯になる原因を断ち切ることができます。

【ポイント1】砂糖を上手にとる
歯を溶かすミュータンス菌は、糖分を摂取するたび、一定の時間だけ活動します。摂取した量に関わらず、時間は一定です。つまり、一度に比較的多量の糖分を摂取したとしても、その活動は一度で終わるわけです。逆に、たとえ一度に摂取する量が少量であっても、頻度が多いと、そのぶんミュータンス菌が活動する時間が長くなります。

だらだらと長時間、口に糖分があると、ミュータンス菌は働き続けますので、おやつを食べる際には、時間を決めて満足するだけ食べたらその後は食べない!を徹底しましょう。

【ポイント2】フッ素で歯質を強くする
歯質を強化する方法として、科学的に証明されているのがフッ素です。お子さんの虫歯予防でしたら、市販のフッ素配合の歯磨きでも十分な効果が得られます。また、歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗ってもらえば、さらに予防効果が高まります。

【ポイント3】歯磨きでミュータンス菌を徹底除去
虫歯を引き起こすミュータンス菌は、歯の表面についている白くてネバネバとした歯垢の中に潜んでいます。虫歯を予防する最も簡単な方法が、歯磨きで歯垢を落とすことです。毎食後が無理ならば、1日1回でも良いのでしっかり磨いてください。特に小学校低学年のお子さんは磨き残しがないように、保護者の方が仕上げ磨きを手伝ってあげましょう。わからないことがありましたら、スタッフまでお気軽にご相談ください。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております