口腔外科

口腔外科

●親知らずを抜歯するのは怖くて不安
●親知らずを抜歯したら、ひどく痛んで腫れた
●奥歯がひどく腫れて痛い

このような、親知らずや歯のトラブルで辛い体験をしたことはありませんか?親知らずは複雑に生えているため、ドクターの経験に左右される処置です。当院には口腔外科の経験が豊富なドクターがおりますので、腫れや痛みの少ない親知らずの抜歯をしています。

口腔外科の経験を活かした親知らずの抜歯

口腔外科当院の院長は、大学病院で口腔外科医として勤務し、埋伏歯(埋まっている歯)や複雑に生えている親知らずなどの難しい抜歯や小手術などを数多く行ってきました。また抜歯だけでなく、口腔内の癌の治療や交通事故であごの骨を骨折した方の手術など、開業医では体験できない難易度の高い症例を数多く診てきました。当院でも、こうした経験を活かして、親知らずや埋伏歯の抜歯を行っています。

なぜ、親知らずの抜歯は難しいの?
親知らずは、通常の歯に比べると複雑に生えています。特に骨の中に埋まっている場合、神経や血管が近くに通っていることもあり、一歩間違えれば神経や血管を傷付け、大出血や神経障害を起こす危険もあります。こうしたリスクを避けるには、ドクターの診断力と技術力が不可欠です。

親知らずの中には真っ直ぐに生えているものもありますので、すべての抜歯が難しいわけではありません。とはいえ、経験の浅いドクターや設備の整っていないクリニックでは、複雑に生えている親知らずの場合は万全を期して、設備の整った病院や経験豊富なドクターに紹介するのが一般的です。

口腔外科とはどのような診療科ですか?

口腔外科とは「口腔外科」はあまりなじみがない言葉ですが、インプラント手術を思い浮かべれば、何となくイメージが湧いてくると思います。

口腔外科とは、お口の中をはじめあごや顔面などのお口周辺の病気を診断したり治療したりする診療です。身近なところでは、親知らずの抜歯や口内炎、顎関節症の治療、インプラント手術などがあります。

口腔外科で扱う診療は、重度の歯周病など歯が原因のものや口腔癌などのお口の中の病気、交通事故やスポーツなどによる怪我、神経性疾患や口臭症状などの内科的な疾患まで含んでいます。

<口腔外科で扱う疾患>
●埋伏歯
親知らずや歯が生え揃わないなどの、あごの骨の中に埋まった歯の診断と処置

●顎関節症
あごを動かすときの痛みや違和感など(矯正医と連携することもある)

●口腔内の粘膜の異変
口内炎や唇、舌などの腫れや炎症など

●外傷
交通事故などで起きた口腔内の怪我や歯の破損、あごの骨の骨折など

●小帯(唇と歯ぐきの間にある筋)の異常
上あごまたは下あごにある、唇と歯ぐきの間にある筋が短い、あるいは長いなど

●奇形・変形
口唇裂など唇の一部に裂け目がある場合や、先天性のあごの骨の変形など

●味覚障害
飲食物の味がしない、本来の味がわからないなど

●神経疾患
顔面麻痺や顔面神経痛など

●その他
口臭、口腔乾燥症など

歯科と口腔外科の違い

歯科と口腔外科の違い歯科と口腔外科の違いは、対象とする診療内容です。歯科医院の中には、口腔外科を診療科目に掲げているところもあります。これは、経験豊富な口腔外科医がいる一つの目安になりますので、親知らずの抜歯やインプラントなどで歯科医院を選ぶときに参考にすると良いでしょう。

<歯科と口腔外科の違い>
●歯科  :虫歯や歯周病などの治療
●口腔外科:主に虫歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患など

教えて口腔外科

Q. 親知らずの痛みはありませんが、抜歯したほうが良いのですか?
A. 正常に生えていて痛みのない場合は、抜歯をしなくても大丈夫です。ただし、横に生えていたりあごの中に埋伏していたりする場合は、腫れや虫歯などのトラブルを招く恐れがありますので、抜歯をした方が良いでしょう。

Q. 奥歯が腫れてしまい、痛くて口を開けられません
A. 親知らずに炎症が起き、それが広範囲に広がっている恐れがありますので、すぐに歯科医院に相談してください。

Q. 転んで前歯を強く打ってしまい、抜けてしまいました
A. そのままの状態で、できるだけ早く歯科医院の診断を受けてください。歯の状態にもよりますが、抜けた場所に再移植することもできます。ただし、抜けた歯が乾燥すると処置が難しくなりますので、牛乳の中かお口の中に入れたまま診察を受けると良いでしょう。

Q. 口内炎ができてしまいましたが、治療期間はどのくらいかかりますか?
A. おおよそ2週間で完治します。なお、それ以上かかる場合はほかのトラブルも考えられますので、歯科医師と相談した上で、耳鼻咽喉科などの専門家の診察を受けることをおすすめします。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております