根管治療

根管治療

●歯を噛み合わせたときに痛みがある
●何もしていないのに、歯がずきずきとする
●歯ぐきに腫れがあり、指で押したときに痛みがある
●冷たい物や熱い物を食べると、歯が痛くなる

あなたの歯は大丈夫ですか?もしこうした症状があれば、虫歯が神経に達している恐れがあります。そのままの状態にしておくと、やがて症状は悪化して、歯を抜かなければならなくなります。神経にダメージを受けている歯は、根管治療を施すことで守ることができます。

根管治療とは根管治療
細菌が象牙質を越えて歯髄周辺に達すると、神経が炎症を起こして強い痛みを伴います。やがて細菌に侵された神経は壊死してしまいます。さらに悪化して細菌が根に到達すると、根の先に病巣(根尖病巣・こんせんびょうそう)を作ります。この段階になると、通常の治療では完治は望めません。こうした最悪な状態の歯を救う処置が根管治療です。

根管治療とは、痛みや細菌に侵された神経、根の先にできた病巣を取り除いて、歯の状態を安定させるために行う治療です。非常に難易度の高い治療ですが、抜歯を必要とするケースでも、根管治療を施すことで歯の寿命を引き延ばすことができます。抜歯しか方法がない歯を救える唯一の治療とも言えます。

根管治療の種類

根管治療根管治療は3つの処置方法がありますので、症状に合わせて治療を行います。

抜髄治療(ばつずいちりょう)
虫歯が神経に達していたり神経が壊死していたりするとき、根管内の神経を取り除いて(抜髄)、細菌の広がりを食い止める処置です。抜髄処置をしてから根管内の汚れや細菌を殺菌・消毒し、薬で蓋をして完全密封します。

感染根管治療
根管治療の再治療で、以前処置した根が再発したり、根の炎症が起きたり、根の先に膿の袋などの病巣(根尖病巣・こんせんびょうそう)ができたときなどに行う処置です。一度根管治療を施していますので、前に詰めた薬をキレイに取り除いてから処置しなければならず、通常の根管治療に比べると難易度は高くなります。

外科的根管治療
感染根管治療を施しても症状が改善されない場合は、外科手術で根尖病巣を取り除きます。病巣を除去したあとは、根の先まで薬を詰め、根管を完全密封させて治療を終えます。

教えて根管治療

Q. 神経に炎症が起きたり、根の先に膿が溜まったりするのはなぜですか?
A. 炎症や膿ができる原因は細菌です。虫歯が神経に達すると、細菌に感染して炎症を起こし、ひどくなると神経が壊死します。さらに歯髄をとおって細菌が根に到達すると、根の先に病巣を作ります。

Q. 一度、根管治療をした歯が痛むのはなぜですか?
A. 適切な処置が行われなかったために、再感染した可能性があります。根管治療は、汚れを完全に取り除いて根管内を無菌状態にする治療ですが、根管内は複雑で肉眼では見えないため、非常に難易度の高い治療です。確実に処置をしないと汚れや細菌が残ってしまうため、こうしたトラブルを引き起こしてしまいます。

Q. 治療したあとに歯が痛むのですが...
A. 治療後、一時的に痛みが伴うことがありますので様子を見てください。通常は徐々に痛みは治まりますが、いつまでも続くような場合は再治療を必要とする場合がありますので、歯科医師に相談してください。

Q. 治療中の痛みはありますか?
A. 麻酔をしてから処置しますので、痛みはありません。処置後は数日程度痛みを伴う場合もありますが、痛み止めなどを服用することで抑えられます。

Q. 治療期間はどのくらいかかりますか?
A. 根管内や根の状態などにより治療期間は異なります。1つだけ言えることは、根管内の汚れや細菌を完全に取り除く必要があるため、ある程度の期間がかかります。非常に根気がいる治療とも言えますが、再発を防ぐためにも確実に処置することが重要です。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております