インプラントで食事の楽しみをもう一度!

●インプラント手術は痛くないの?
●保険が効かないから治療費が高くなる
●本当にしっかり噛めるようになるの?

インプラント

こうしたインプラントに関する不安や疑問をお持ちの方はいませんか?認知度の広がってきたインプラントですが、まだまだ間違ったイメージを持たれている方が多いようです。現在では、医療技術の向上により、より安全で確実なインプラント手術が行われるようになりました。歯の抜けたあとの治療でインプラントをお考えの方は、一度当院までご相談ください。

インプラントとはインプラントとは
インプラント治療とは、失われた歯の機能を回復する治療の1つで、あごの骨の中にチタン製の人工歯根を埋入してその上から人工歯を被せる治療です。歯を支える土台から回復することで、天然の歯と同じような噛み心地と安定感が得られます。

当院がインプラントに取り組む理由

インプラントこれまで当院では、入れ歯やブリッジ中心の治療を行っていました。入れ歯やブリッジは、インプラントのように大がかりな治療を必要としません。短期間で失われた機能を回復できますが、デメリットやトラブルも多く、これらの治療に限界を感じていました。そんなときに出会ったのが「オッセオインテグレーションインプラント」です。

オッセオインテグレーションインプラントは、豊富な臨床結果があり、良好な予後が得られます。インプラントで使用するチタンは体や骨になじみやすく、あごの骨としっかり結合します。患者さんにとって非常にメリットの多い治療であることから、インプラントに取り組んでいます。

当院のインプラントに対する考え方

インプラント当院の基本方針は、歯を失わないための予防歯科です。メインテナンスや定期検診をとおして、お口の中の健康をサポートしています。しかし患者さんの中には、さまざまな理由から歯を失ってしまった方がいることも事実です。

当院では、そうした方の、歯われた歯の機能を補う必要不可欠な治療の1つがインプラント治療だと考えています。治療方法は入れ歯やブリッジなど複数ありますので、インプラントが絶対ではありません。どうぞご安心ください。

CT検査で手術時のリスクを回避

CT当院では、診断の精度を高めるためにCTを導入しています。インプラント手術を安全に行う上で欠かせない検査がCT検査です。

CT検査では、患者さんのあごの骨の厚みや深さなどを、レントゲン検査よりもさらに詳細に診断できます。インプラント治療の可否やインプラントの埋入位置も的確に割り出せます。これにより手術時のリスクを回避でき、安全にインプラント手術を行うことができるのです。

メインテナンスで長持ちさせる

メインテナンスインプラントは人工物ですので、お手入れを怠っていると、お口の中で色々なトラブルが発生します。安定した状態を保ち続けるには、口腔ケアが欠かせません。当院でも、インプラント治療を受けた方には、定期的なメインテナンスをおすすめしています。

定期メインテナンスが必要な理由
インプラント治療後のトラブルで一番怖いのが、インプラント歯周炎です。インプラント周辺の歯肉に汚れが溜まると、細菌が繁殖して炎症が起きます。さらに歯周病菌に感染すると、天然の歯と同じようにインプラント体がぐらついたり、ひどくなると脱落したりすることもあります。インプラント歯周炎はお口の中を清潔な状態に保つことで避けられます。

大変な思いをされて治療を受けたのですから、毎日の歯磨きと定期的なメインテナンスをきちんと受けて、インプラントを長持ちさせましょう。

歯が抜けたときの治療法

歯を失ったあとの選択肢には「そのままにしておく」「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の4つがあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

そのまま放置する
放置している間に、今まで噛み合っていた歯が噛む相手を探して伸びてきたり、周囲の歯が歯周病や虫歯になりやすくなったりします。

入れ歯歯が抜けたときの治療法
取り外しができる人工歯で、残っている歯に針金をかけて固定させます。短期間で治療が終わり、歯を削る量も比較的少なくてすみます。しかし、安定性に欠けるため違和感があり、ズレたりガタついたり、外れたり噛みにくかったりすることがあります。

ブリッジ歯が抜けたときの治療法
ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして人工歯を被せる治療です。固定式なので取り外したり装置を洗ったりする必要はありませんが、健康な歯を削らなければなりません。また、噛みしめたときに2本の歯に負担がかかるため、結果として歯の寿命を縮める恐れがあります。


インプラント歯が抜けたときの治療法
インプラントとは、抜けた歯の変わりにチタン製の人工歯根をあごの中に直接埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療法です。入れ歯のような不安定さやブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。自然の歯のような安定した噛み心地を得られます。

<インプラントのメリット>
・安定した噛み心地で、何でもよく噛める
・天然の歯のような自然な美しさがある
・健康な歯を痛めたり傷付けたりしない

<インプラントのメリット>
・治療には手術が必要
・治療費が高額になる
・全身疾患や骨の量が不足している場合などは、適応できないことがある


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております