ホワイトニング

ホワイトニング

●歯の色が黄ばんできて気になる
●笑ったときに、白い歯が見える口元になりたい
●歯の色がくすんでいて、不健康そうに見える

歯の色でお悩みの方はいませんか?歯の色は、お顔全体の雰囲気にも影響します。最近ではこうした方を中心に、ホワイニング人気が高まっています。

ホワイトニングとは、歯を削らずに薬を使って白くする治療法です。ホワイトニング法には3種類ありますが、当院ではご自宅でご自身に行っていただくホーム・ホワイトニングを行っています。

自宅でリラックスしながらできるホーム・ホワイトニング

ホーム・ホワイトニングホーム・ホワイトニングは、家にいながらできるホワイトニングです。場所や時間を選びませんので、忙しくて通院できない方に適しています。

専用のトレーにホワイトニング剤を入れてお口の中に装着すると、薬剤が徐々に歯の内側に浸透していき、次第に歯が白くなっていきます。1日2時間ほど装着し、2週間程度続けることで白さが実感できます。また使用期間を調整することで、お好みの白さにもできます。比較的濃度が低いホワイトニング剤を使用しますので、歯のしみや後戻りの少ない方法と言えるでしょう。

なお、まれに知覚過敏などを起こすことがありますが、使用を中止すれば元に戻ります。ホワイトニング剤は安全性の高いものですが、必ず歯科医師の指導に従って使用してください。

<ホーム・ホワイトニングのメリット>
・場所と時間を選ばない
・好みの白さに調整できる
・歯を痛めない

<ホーム・ホワイトニングのデメリット>
・白くなるまでに時間がかかる

ホーム・ホワイトニングの流れ

歯型を取り、専用の透明なマウストレーを製作します。そのトレーにホワイトニングジェルを注入してお口の中に装着し、歯を白くしていきます。

STEP 1
歯が汚れていたり磨き残しがあったりすると、十分なホワイトニング効果が得られません。マウスピースを装着する前に、ていねいに歯を磨きましょう。

次へ
STEP 2
カスタムトレー内にホワイトニング剤を注入します。ホワイトニング剤の量が多ければホワイトニング効果が高まるわけではありませんので、入れ過ぎないように注意してください。

次へ
STEP 3
カスタムトレーを歯に装着します。このとき、ホワイトニング剤がトレーの外に溢れてきますので、飲み込まないように気を付けてください。また、溢れてきたホワイトニング剤は、清潔なガーゼや脱脂綿などで拭き取ります。

次へ
STEP 4
お口の中に装着したまま、30分から数時間過ごします。
※長くても2時間程度にしてください。

次へ
STEP 5
一定時間経過したら、カスタムトレーを外してお口をすすぎます。外したあと1時間ほどは、飲食を避けてください。

次へ
STEP 6
カスタムトレーを水洗いして、保管ケースにしまいます。

個人差もありますが、約2週間続けると歯が徐々に白くなっていきます。また、使用期間を調整することで、好みの白さにできます。

教えてホワイトニング

Q. 被せ物も白くなりますか?
A. 被せ物や詰め物は、ホワイトニングでは白くなりません。ホワイトニングをすると、詰め物や被せ物の色の差が目立ってしまいますので、ホワイトニングをしたあとに、色を合わせて詰め直します。

Q. 一度ホワイトニングをすれば、ずっと白いままですか?
A. 後戻りがありますので、少しずつ白さが抜けていきます。とはいえ、完全にホワイトニング前に戻るわけではありません。なお、タバコ・コーヒー・カレーなど、色素の濃い飲食物を好む方は、着色する恐れがありますので控えてください。

Q. ホワイトニング剤の副作用はありませんか?
A. 安全性の高いホワイトニング剤を使用していますので、体への影響はありません。まれにしみたり知覚過敏になったりすることもありますが、使用を中止すれば元に戻ります。また、状態が安定すれば再び使用することも可能です。必ず歯科医師の指導を受けて行ってください。

Q. 市販のホワイトニング剤がありますが、効果は同じですか?
A. ホーム・ホワイトニングと同じ効果は得られません。歯科医院で扱っているホーム・ホワイトニングのホワイトニング剤は市販のものより濃度が高く、歯科医院でしか購入できません。

Q. ホワイトニングは誰でもできるのですか?
A. 健康な方であれば大丈夫ですが、妊娠中や授乳中の方、知覚過敏症のひどい方、エナメル質形成不全症の方、エナメル質に亀裂のある歯、象牙質が露出している歯の方はホワイトニングを避けてください。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております