お口の中をチェックしてみましょう

歯周病治療

あなたのお口の中の状態をチェックしてみましょう。1つでもあてはまる項目があれば、歯周病の可能性があります。早めに歯科医院に行って、歯周病検査を受けましょう。

□ 歯を磨くと歯ぐきから出血する
□ 歯ぐきが赤く腫れている
□ 口臭が気になる
□ 口の中が粘つく感じがする
□ 歯を指で押すとぐらつく
□ 硬いものを噛むと痛い
□ 歯と歯の間の隙間が広くなった

歯周病ってどんな病気?歯周病
歯周病は歯周組織の病気で、歯周病菌が引き起こすお口の中の感染症です。プラーク(細菌の塊)が歯や歯の周辺に付着すると、歯ぐきの腫れや出血などの歯肉炎を引き起こします。炎症が広がると歯や歯を支える歯槽骨を溶かしていき、やがて歯がぐらつき始めます。土台そのものが崩れていくため、さらに悪化すると歯を支えきれなくなり、やがては歯が抜け落ちてしまいます。

原因を教える歯周病治療

歯周病治療歯周病は、歯を失う原因のトップとも言われるお口の中の病気で、成人の80%以上がかかっていると言われています。歯周病はやっかいな病気とも言われますが、これといった症状がないまま進行していき、気付いたときにはかなり症状が悪化しているからです。しかし、歯周病にかかった原因は必ずあります。

当院では、歯周病になった原因を知り、治療の必要性を理解していただくことが歯周病治療に欠かせないことだと考えています。お口の中の状態を知っていただき、ブラッシング指導や徹底したお口の中の清掃を行い、症状を改善します。さらに、定期的なメインテナンスを行うことで、生涯にわたって患者さんのお口の健康を守ります。

多くの歯周病は、早期発見・早期治療で症状を改善できます。歯周病が気になる方は、できるだけ早めにご相談ください。

位相差顕微鏡を使った、目で理解する歯周病

歯周病治療お口の中には、虫歯や歯周病を引き起こす500~700種類もの細菌が生息しています。そのうちの1つに、スピロヘータ(らせん菌)という細菌があります。これは歯周ポケットの内部に生息する歯周病の原因菌です。しかし、肉眼では確認できません。こうした眼に見えない細菌を確認するために使用するのが位相差顕微鏡です。

当院では、歯周病治療の大切さを知っていただくために位相差顕微鏡を導入し、お口の中に生息する細菌の状態を実際に確認していただいています。

歯周ポケットの内側に付着しているプラークを採取してガラスのプレートに乗せます。それを位相差顕微鏡に設置すると、モニターに映し出された、らせん状に動くスピロヘータを確認できます。

スピロヘータの数が多いほど、歯周病の症状は重くなります。歯周病治療では、スケーリングや歯石取りなどを行いながら、原因菌をコントロールしていきます。

担当歯科衛生士が管理する歯周病治療

歯周病治療当院では、担当歯科衛生士による、患者さん一人ひとりに合わせた歯周病治療を行っています。患者さんと相談し、治療方針や治療計画を決めていきます。

すべての歯科衛生士は、患者さんが初めて来院されたときよりもより良い状態でお帰りいただきたいと願っています。時には歯磨きや生活習慣のアドバイスをしたり励ましたり。お口の中の状態や患者さんの気持ちも考えながら、適切な処置やアドバイスを心がけています。スタッフ全員がコミュニケーションを大切にしていますので、治療に関することで不安なことがありましたら何でもご相談ください。

歯周病菌の正体は!?
歯の表面には、指で触ると白くてネバネバしているプラーク(歯垢)が付着しています。これが歯周病の原因となる細菌の塊です。プラーク1mgの中には10億個もの細菌が存在しています。歯周病菌は酸素を嫌うため、さらに住み心地の良い場所を求めて歯周ポケットの内側に入り込んで増殖を始めます。この原因となる細菌のコントロールが、歯周病予防の第一歩です。

当院の歯周病治療

歯周病治療の基本は、歯周病の原因となる細菌の除菌です。原因となる歯周病菌は、プラークを住処として生息しています。歯のクリーニングやPMTC、スケーリングなどを行って、歯の表面や歯ぐきの境目の歯垢、歯周ポケットの内側の歯石などを徹底的に除去します。ほとんどの場合、数回の清掃で歯周病が改善されます。

なお改善が見られない場合は、麻酔を施して歯周ポケットの奥深くに付着している歯石を取り除くこともあります。

スケーリングスケーリング
スケーリングとは、歯の表面に付着した歯垢や歯石を取り除いて、お口の中の衛生を保つ治療方法です。歯に付着した歯垢をそのままにしておくと、やがて硬くなって歯石になります。歯石は毎日の歯磨きでは落とすことができません。歯石の上にプラークが付着すると落ちにくく、歯周病の原因にもなりますので、スケーリングで除去します。歯石は時間経過とともに再び形成されますので、定期的にスケーリングを受けることをおすすめします。

歯周病治療の流れ
STEP1 歯周病検査
お口の中の状態を診査します。
歯周基本検査(または歯周精密検査)を行って、歯肉の状態を確認します。

次へ
STEP2 資料集め
診断に必要な資料を揃えるために、口腔内写真やレントゲン撮影を行います。

次へ
STEP3 ご説明
検査結果などをもとに、現在の歯の状態や、それを改善するために必要な治療についてわかりやすく説明いたします。また、検査データをまとめた資料をお渡しいたしますので、お持ち帰りいただけます。

次へ
STEP4 お口の中のクリーニング
スケーリングやPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を行って、お口の中の汚れや歯石をていねいに除去します。併せて、ご自身でも口腔ケアをきちんと行っていただくために、患者さんに合ったブラッシング指導をいたしますので、ご自身でお使いの歯ブラシをお持ちください。

次へ
STEP5 再検査
お口の中の状態を調べ、歯肉の状態が回復しているのを確認できれば歯周病治療は終わります。状態が改善されていない場合は、歯肉の深いところの掃除や細菌の除去手術、歯周再生療法、保存不能歯の抜歯が必要なこともあります。

次へ
STEP6 メインテナンス
歯周病を改善したあとは、歯の健康を維持・管理するために、定期的なメインテナンス(定期検診)をおすすめしています。検診期間は患者さんの歯ぐきの状態に合わせて、1~6か月に一度のご案内をしています。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております