矯正歯科

矯正歯科

●食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまう
●指しゃぶりの癖がいつまでも治らない
●いつも口を半開きにしている

あなたのお子さんにも、こうした癖や習慣がありませんか?こうした癖や習慣は、お子さんの歯並びや噛み合わせに影響を与えます。もし歯並びか噛み合わせに問題があるようでしたら、一度矯正歯科で相談することをおすすめします。

矯正相談お子さんの歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期は、保護者の方にとって子どもの歯並びが一番気になるときです。歯並びや噛み合わせが悪いお子さんは、この時期から矯正治療を始めると、抜歯をせずに改善できます。当院でも床矯正による小児矯正を行っていますので、お子さんの歯並びが気になる方は、一度ご相談ください。

床矯正とは歯を抜かない矯正治療です

矯正歯科歯並びが悪くなる原因には色々な要素がありますが、その1つに、歯とあごのアンバランスがあります。その多くは、あごの骨の発育不足です。あごの成長が十分でないために歯が生えてくるスペースがなくなり、歯並びが悪くなります。こうした問題を解消する矯正法が床矯正です。

床矯正とは、あごの骨を広げて歯が生えるスペースを確保するための治療です。取り外し式の床矯正装置を装着して、あごの骨を広げています。あごの成長を利用した治療法ですので、お子さんに負担を与えずに歯並びの問題を解決できます。

<床矯正のメリット>
・歯を抜かずに矯正治療ができる
・床矯正装置の取り外しが簡単にできる
・治療費を抑えることができる

<床矯正のデメリット>
・きちんと装置を装着しないと、良好な治療結果を得にくい
・装置に慣れるまで違和感がある
・複雑な歯並びには適応できないことがある

なぜ、矯正治療が必要なのでしょうか?

矯正歯科歯並びが悪いと、歯が重なっている部分に汚れが溜まりやすく、歯を磨きにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。見た目の印象も悪くなるため、コンプレックスを感じるお子さんも少なくありません。

また、食べ物をしっかり噛み砕かずに飲み込んでしまうことも多く、全身の健康にも影響を及ぼします。このほかにも、お口の中を噛んだり口内炎ができやすくなったり、発音にも影響を与えるなど、歯並びが悪いために色々な問題が起きます。

お子さんの歯に、こんな症状はありませんか?

歯並びの状態には、さまざまな症状があります。該当するものがあれば、一度専門家に相談することをおすすめします。

歯がでこぼこしている・八重歯 (叢生(そうせい)/ 乱杭歯/八重歯)矯正歯科
・犬歯が歯ぐきから生えている
・歯が歯列から飛び出して生えている
・食べカスが歯に残りやすい

受け口(反対咬合/下顎前突)矯正歯科
・あごがしゃくれている
・口を閉じたときに、上下の歯が反対に噛み合っている
・食べ物をうまく噛み砕けない
・サ行などがうまく発音できない

出っ歯(上顎前突)矯正歯科
・上の前歯や上あごが前に飛び出している
・上唇が上の歯にひっかかって、口を閉じにくい

噛み合わせが深い(過蓋咬合)矯正歯科
・噛み合わせたときに前歯が深く噛み込んで、下の歯が見えない

前歯がうまく閉じられない(開咬)矯正歯科
・上の前歯と下の前歯がしっかり噛み合わない
・口を閉じたときに上下の歯の間に隙間ができる

すきっ歯 (空隙歯列)矯正歯科
・歯と歯の間にすき間がある
・サ行などが発音しにくい

子どものうちに矯正治療を行うメリット

歯やあごへの負担を減らすことができる矯正歯科
お子さんのあごの成長を利用するので、抜歯を必要としません。無理なくあごの骨を広げていきながら、歯の生える十分なスペースを確保し、骨格のズレや歪みなどの問題も解消できます。大人になってからの矯正治療でも治療結果が良好となり、期間も短縮できます。

噛み合わせを悪くする要素を取り除くことができる
歯並びを整えることで歯ブラシが均等にあたり、虫歯や歯周病などのリスクが軽減されます。噛み合わせも良くなりますので食べ物をしっかり噛めるようになり、胃腸への負担もなくなります。

口元のコンプレックスを解消できる
歯並びが美しくなると、見た目の問題が解消されて全体の印象が明るくなります。言葉が漏れなくなるので発音が明瞭になり、聞き取りやすくなります。見た目や発音のコンプレックスが解消されるので、明るく前向きなお子さんに変わっていきます。

床矯正について教えてください!

Q. いつ頃から始めたら良いのですか?
A. お子さんの発育の度合いによって差がありますが、一般的には乳歯が抜けて永久歯が生える前の時期に始めるのがベストです。小学校入学前後の7~8歳頃を目安に考えると良いでしょう。反対咬合は4~5歳頃から始めます。良好な治療結果を得るには、治療を始めるタイミングが重要です。適切な時期を逃さないためにも、お子さんの歯並びが気になる方は専門医に相談してください。

Q. 治療期間はどのくらいですか?
A. 歯並びの状態によって異なりますが、一般的には1年から2年ぐらいで治療が終わります。あごを広げる目安は1か月に1mmを目標とします。歯の移動は1週間に1mm程度です。

Q. どのくらいの間隔で通院が必要ですか?
A. 1~2か月に1回ほど通院していただき、お口の中の状態を確認します。ただし、複雑な歯並びの場合やお口の中のクリーニングが必要なときは、通院間隔が短くなることもあります。

Q. 抜歯をしなくても良いのですか?
A. 乳歯列前期に開始すれば、ほとんどの場合抜歯は必要ありません。床矯正はお子さまのあごの発育を利用した治療法です。あごの骨を拡大して正しい位置に永久歯を誘導します。歯が収まる十分なスペースを確保できるので、抜歯をしなくてもすむのです。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております