自分自身が主治医になろう

予防歯科成人で歯を失う最大の原因は歯周病です。歯周病の予防・治療の基本は、毎日の「ブラッシング」です。毎日ブラッシングをすることで、お口の中の歯周病菌の数を減らすことができます。

お口の中は十人十色。使いやすい歯ブラシの選び方やブラシの持ち方・あて方・磨き方、磨く順序なども一人ひとり異なります。ぜひ歯科医師や歯科衛生士の指導を受けて、ご自身に合った方法を見つけてください。

ブラッシング指導~歯ブラシをお持ちください
当院では治療の一環として、毎回ブラッシング指導を行っています。実際に歯ブラシを使いながら指導いたしますので、普段お使いのものがありましたらお持ちください。普段の磨きグセを知っていただき、正しい歯ブラシの動かし方を指導いたします。

ブラッシングの方法は「バス法」と「つまようじ法」の2種類があり、歯や歯並びに合わせて使い分けることで、隅々まで汚れを落とせます。

予防歯科●バス法
歯と歯ぐきの境目の汚れを落とすときに、バス法で磨きます。
歯と歯肉の境目に、歯ブラシの毛先を45度にあて、ソフトな力で5~10mmぐらいの幅で小きざみに動かしながら磨いていきます。このとき、歯とともに歯ぐきも刺激しますので、マッサージ効果があります。

●つまようじ法
歯と歯の間の汚れを落とすときは、つまようじ法で磨きます。
歯ブラシの毛先を使って、歯と歯の間の汚れを掻き出すようにして磨きます。

しっかり汚れを落とす歯磨きのポイント
歯磨きの目的は、お口の中に潜んでいるプラークをしっかり取り除いて、虫歯や歯周病を防ぐことです。歯と歯ぐき、歯と歯の間、噛み合わせ面などは汚れが溜まりやすい場所です。歯並びや噛み合わせによっては磨きにくい場合もありますが、歯ブラシのあて方を工夫して、プラークが残らないようにしっかり磨きましょう。また、1か所につき20回以上、歯ブラシを動かすと良いでしょう。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております