生涯にわたりお口の中を快適に保つ予防歯科

予防歯科

お口の中で一番多いトラブルが、虫歯や歯周病です。この2つをきちんと治療すれば、お口の中のトラブルはほとんど解消できます。でもそうなる前に、虫歯や歯周病になる原因をなくしてしまえば、治療の必要がありません。

当院では、患者さんのお口の中を「快適」にし、その状態を「生涯にわたり保てる」ことを目標に掲げ、予防歯科に取り組んでいます。

予防専用ルーム「楽園」でお口の中のメインテナンス

予防歯科メインテナンスは、お口の中を爽やかにし、気持ちもリフレッシュさせてくれます。デンタル・エステを受けるような楽しい気分で受けていただきたいと考えています。そこで当院では、予防専用スペース「楽園」をご用意し、担当の歯科衛生士が行き届いたメインテナンスを行っています。

「楽園」は診療室の印象とはがらりと変わり、ゆったりとしたスペースを確保しています。メインテナンスルームは、アロマの香りに包まれた癒しの空間です。完全個室ですので、担当衛生士と会話を楽しみ、リラックスしながらメインテナンスを受けてください。

「楽園ツアー」はこちら

一人ひとりのお口に合わせたメインテナンス

予防歯科一人ひとりの患者さんに担当の歯科衛生士がつき、その方に合わせた口腔ケアを行います。

お口の中の状態は、生活環境や生活習慣などの影響を受けやすく、ストレスを受けただけでも状態が悪化することがあります。お口の中に変化があるときは、患者さんのご家庭やお仕事の環境などを伺い、適切なアドバイスを差し上げています。

会話でコミュニケーションを育みます
歯科衛生士は患者さんとのコミュニケーションを大切にしていますので、その方のお口の中の状態はもちろんのこと、家庭環境や生活環境などを差し障りのない範囲で把握した上で、お付き合いしたいと考えております。

メインテナンス時間はたっぷり1時間ありますので、ご家族やご趣味などのお話しも聞かせていただいています。ご年配の患者さんの中には、会話を楽しみにして来院される方もおられるようです。

また、患者さんとお話しした内容や環境の変化などの情報は「コミュニケーションシート」に記録していますので、次のメインテナンスのときに活用しています。

時には励ましながら一緒に頑張ります!
歯科衛生士は、患者さんが治療で大変な思いをされてきたのを、診療室でずっと見守ってきました。患者さんの頑張りを一番良く知っているのは歯科衛生士です。メインテナンスでも、歯科衛生士は患者さんの努力をねぎらうことも忘れません。「あのときは良く頑張りましたね」と励ましながら、より良い状態を保てるように、一緒に頑張ります。

生涯健康な歯でいられるための定期メインテナンス

予防歯科今でこそ予防歯科は当たり前の時代ですが、当院は、開院当初からメインテナンスに力を入れてきました。当時はまだ一般的ではありませんでしたので、多くの方から「治療を終えたのに何をするんですか?」と質問されることもよくありました。

治療を終えたあと、その後の口腔ケアを怠っていると、再び虫歯や歯周病にならないとも限りません。定期的にメインテナンスを受けることで虫歯や歯周病になりにくい環境を整え、早期発見・早期治療にもつながります。治療した歯を長持ちさせるためにも、定期メインテナンスをご案内しています。

自分自身が主治医になろう

予防歯科成人で歯を失う最大の原因は歯周病です。歯周病の予防・治療の基本は、毎日の「ブラッシング」です。毎日ブラッシングをすることで、お口の中の歯周病菌の数を減らすことができます。

お口の中は十人十色。使いやすい歯ブラシの選び方やブラシの持ち方・あて方・磨き方、磨く順序なども一人ひとり異なります。ぜひ歯科医師や歯科衛生士の指導を受けて、ご自身に合った方法を見つけてください。

ブラッシング指導~歯ブラシをお持ちください
当院では治療の一環として、毎回ブラッシング指導を行っています。実際に歯ブラシを使いながら指導いたしますので、普段お使いのものがありましたらお持ちください。普段の磨きグセを知っていただき、正しい歯ブラシの動かし方を指導いたします。

ブラッシングの方法は「バス法」と「つまようじ法」の2種類があり、歯や歯並びに合わせて使い分けることで、隅々まで汚れを落とせます。

予防歯科●バス法
歯と歯ぐきの境目の汚れを落とすときに、バス法で磨きます。
歯と歯肉の境目に、歯ブラシの毛先を45度にあて、ソフトな力で5~10mmぐらいの幅で小きざみに動かしながら磨いていきます。このとき、歯とともに歯ぐきも刺激しますので、マッサージ効果があります。

●つまようじ法
歯と歯の間の汚れを落とすときは、つまようじ法で磨きます。
歯ブラシの毛先を使って、歯と歯の間の汚れを掻き出すようにして磨きます。

しっかり汚れを落とす歯磨きのポイント
歯磨きの目的は、お口の中に潜んでいるプラークをしっかり取り除いて、虫歯や歯周病を防ぐことです。歯と歯ぐき、歯と歯の間、噛み合わせ面などは汚れが溜まりやすい場所です。歯並びや噛み合わせによっては磨きにくい場合もありますが、歯ブラシのあて方を工夫して、プラークが残らないようにしっかり磨きましょう。また、1か所につき20回以上、歯ブラシを動かすと良いでしょう。

当院の予防歯科メニュー

【PMTC】隅々まで汚れを落として虫歯や歯周病を防ぐ予防歯科メニュー
歯科医院で処置する本格的な歯のクリーニングがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。歯と歯の間、歯と歯ぐきの間は、毎日の歯磨きでも汚れが残ってしまいます。こうした汚れを、専用器具を使って取り除く処置がPMTCです。研磨剤を使って1本1本の歯を磨き上げていきますので隅々まで汚れが落ち、歯の表面が滑らかになってお口の中がすっきりします。虫歯や歯周病を防ぎ、お口の中の嫌な臭いもなくなります。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております