痛くない麻酔注射

痛くない麻酔注射お口の中をいじられるのは誰でも嫌なもの。まして痛みが伴うとなればなおさらです。患者さんの"痛みを嫌がる気持ち"がわかるので、麻酔注射を使用するときも、できるだけ痛みを与えない工夫をしています。

<痛くない麻酔注射のコツ>
・表面麻酔をしっかり効かせる
・入手可能な最細の針を使用
・できるだけ痛みの感じにくい部分に刺す
・患者さんの表情をしっかり見る

表面麻酔をしっかり効かせます
いきなり麻酔注射をすると、針を刺したときの痛みがとても強く感じます。あらかじめ表面麻酔を塗ってしばらく時間を置き、しっかり効かせてから麻酔注射を使用しますので痛くありません。

●表面麻酔とは
ジェル状の麻酔薬で、麻酔注射をするときの痛みを感じにくくさせる麻酔法の一つです。患部に直接塗ると感覚が麻痺してきますので、麻酔注射をするときの不安や緊張が和らいでいきます。ちなみに、表面麻酔を塗ったところを舌で触ると、舌先がぴりぴりと痺れてきます。

痛みの感じにくい場所から針を刺します
お口の中には、痛みを感じにくい部分があります。麻酔針を打つときは、始めはできるだけ痛みの感じにくい部分に針を刺し、麻酔液を少しずつ注入します。ある程度麻酔が効いてきてから、ほかの部分にも薬を入れていきます、

患者さんの仕草や表情から痛みを察知します
麻酔注射をしているときに患者さんの様子を窺っていると、眉間にしわを寄せたり、ぴくっと動いたりして、一瞬表情が変わることがあります。

ドクターや歯科衛生士は常に注意を払っていますので、患者さんの表情や仕草を見て、痛そうかな?と感じたら、薬を注入する速度や圧力などを調整して、できるだけ痛みを与えないように工夫をしています。


カウンセリングのご案内

カウンセリングをおこなっております